京野が女、妻、母、エンジニアとしての生き方を考えるブログ

ただいま育休中 / 共働きプチリッチ世帯の幸せの形を模索中

ホットクックで無水スパイスカレー 材料を減らしてみたらめっちゃ美味しくなった話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

子どもが生後6ヶ月を迎え、寝返りだけでなくズリバイとつかまり立ちが始まりました。もーう目が離せません。

これ世のお母さんたち夕ご飯どうやって作ってるの!?

出産を経験してから全国のお母様方に対して尊敬の念に耐えません。

 

今思えば日本のドラマも映画も、家族を描いても子育ての大変さを描写したものってないんじゃないかしら。

出産のいきんでいる場面を描くことはあっても、その後の子育てのようすってそんなに描写されず、ともすると一番大変なのって育児より出産って思われがちなんじゃないかしら。

 

そんな子育てでバッタバタのわたし。こんなときこそホットクックの出番なんじゃないかと思い、積極的に使っていくことにしました。

さて、今回はホットクックの得意料理、カレーを作りました。

 

作り方は前回の投稿と同じなのですが、先日の野菜スープの知見と同じく、カレーも材料を減らしてみようかな?と思い立ちました。

 

www.kyono.tech

 

ところで、私はカレーを作るときは市販のルウを使わずスパイスから作ることにしています。

それは、過去に参加したセミナで市販のカレーは超絶体に良くないということを学んだからです。

 

市販カレールウの原材料(例)

食用油脂(牛脂豚脂混合油、パーム油)

脱脂大豆

デキストリン

アミノ酸等

カラメル色素

乳化剤

酸味料

香料

甘味料

チーズ加工品

香辛料抽出物

しかしながら、カレーのスパイスは、ターメリック、クミンシード、ショウガ、胡椒、ニンニク…すっごい身体に良いのです。

ということで、私はスパイスで作る自家製カレーにこだわっているのです。 
www.anteaoxidant.com

 

今回の材料は以下のとおり。いつも入れているじゃがいもをやめてみました

トマトとたまねぎは溶けてしまうのでカレーの具としては鶏肉、しめじ、にんじん。シンプル。スパイスも追加せずGABAN 純カレーのみ。

 

材料

トマト…1個

鶏肉…250g

しめじ…1株

にんじん…1本

たまねぎ…2個

GABAN 純カレー…分量の2%

 

GABAN 純カレーは分量の2%加えています。1kgで20gなので計算が面倒なときはざっくり20gくらい入れればOKです。

ニンニク、生姜も入れれば良かったかな、次回入れてみよう。

これで手動かき混ぜONで120分にセット。

無水ですが蓋をあけるとちゃんとスープになっています。

以前はどうもコクが足りなくてスパイスを追加したりソースやケチャップを加えたりしていましたが、このままでめっちゃ美味しいではありませんか!!コクも辛さもちょうど良い。(辛いのが苦手な方には少し辛めかも。)

ということで、ホットクックの無水スパイスカレーも材料を減らしたらすごく美味しくできました

じゃがいも入れないほうが美味しいのかも?

 

GABAN 純カレーパウダー

GABAN 純カレーパウダー

 
勝間式 食事ハック

勝間式 食事ハック