京野が女、妻、母、エンジニアとしての生き方を考えるブログ

ただいま育休中 / 共働きプチリッチ世帯の幸せの形を模索中

結論 Apple Watchのカバーはやっぱりサイドカバーとフィルム分離が良い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Apple Watchのカバー、フィルムに気泡が入るストレスを感じてサイド〜前面一体型のカバーを使っていたのですが、新たなストレスが出てきました。

何かというと、水仕事をした際に中に水滴が入り、タッチパネルが正しく動作しないこと。

乾いてしまえば問題ないのですが、それまでまったく使い物になりません!

 

ということで、一度は諦めたサイドカバー+フィルムに再挑戦。

前回使用したのは3枚で1,580円の安物フィルムでしたが、今回はもう少し高級なものを。

2枚で2,780円のものを使用してみました。

そしてサイドのカバーは透明なものはかなり安っぽく見えるので、Apple Watch本体のカラーが選べる商品を選択してみました。

 

これらを装着してみたところ、ストレスがなくなりました!

水仕事をしても気泡が入らないだけでなく、反応速度がかなり良くなりました

サイド〜前面一体型カバーだとディスプレイ部分も厚くなってしまい、結果、反応速度が悪くなっていたようです。しばらく遅いのに慣れていたせいか、新しいフィルムではかなりレスポンスが良く感じます。

タッチパネルのレスポンス、重要ですね。サクサク動かないと使う気が失せてきてしまいます。

 

結論。

ある程度の品質(値段)以上のものを使えば、カバーとフィルムは別々で問題ない、というかむしろ別々のほうが良い、ということが分かりました。

あんまり安いのは駄目でしたね、反省。