京野が女、妻、母、エンジニアとしての生き方を考えるブログ

ただいま育休中 / 共働きプチリッチ世帯の幸せの形を模索中

周りの素敵なママ友が使っているベビーカー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出産前に不安すぎていろいろな本を買いましたが、特に参考になったのがフクチマミさんのこちらの漫画です。

マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK

マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK

 

広告ではなく実体験から育児グッズを紹介してくれています。

出産前には分からなかったけれど、産後読み返したら「ああこういうことね」ということが多々ありました。

しかし残念ながら、渦中にいるときには忘れているんですよね。

余裕が出てきて読み返したときに「あー書いてあるじゃん」って。

自分一回読んでるじゃないかって自分突っ込みしました。

 

今回初めての出産ということで、全然イメージ沸かなくて不安だらけだったのですが、この本に沿って脳内シミュレーション (ちなみにこの本を読んで、病院は絶対にLDRありの産院にしようと心に決めたのであります。)しただけでなく、事前の買い物など出産の準備を進めていったわけです。

 

さて、この本の中でベビーカーの購入は後で良いというアドバイスがあったので購入を見送っていた我が家。そろそろショッピングやママ友とのランチ、児童館デビューを果たすべくベビーカーの購入を検討し始めました。抱っこ紐では辛い重さになってきたこともあり。

 

そこで周りにいる私がちょっと素敵だなと思うママ友が使っているベビーカーを調査。

素敵なママ友たちは賢い方が多いので相当研究を重ねた上で購入に至っているはずなんですよね。

それがこちら。

 

  • Babyzen YOYO

 フランスのおしゃれなベビーカー。とにかくコンパクトになるのが魅力。6.2kgととても軽い。さすがフランス製、おしゃれです。

私が調べた中で機内持ち込み可能なベビーカーはYOYO一択。シェードが少し短い点が懸念材料。

  •  CYBEX MIOS

 ドイツのベビーカー。ドイツ車を連想させる美しく丈夫な作り。

YOYO同様コンパクトになるのが魅力。ただし重量は8キロ弱とそこそこ重め。4歳までと長く使えるのも魅力。両対面になります。全車輪にサスペンションがついていてガタツキも少ないとのこと。

  •  コンビ アンブレッタ

 とにかくシェードが大きく日差しやホコリから赤ちゃんを守ってくれるのが魅力。

上の2つと違って1つの車輪にタイヤが2つついています。タイヤは1つの方が押しやすいという話も聞きましたが、お店で試したところ安定感がありかなり軽い押し心地でした。デザインは気品がありアンブレッタを押すお姿は不思議ととても高貴に見えるのです。

3輪といえばエアバギーですが、アップリカのスムーヴは空気入れが不要。対面にはなりませんが座面の傾きは無段階でほぼ平らになり0ヶ月から使用可能。こちらもアンブレッタ同様シェードが大きく安心感があります。シ

 

安い買い物ではないこともあり、悩みます。こちらの本も買って研究中です。

ちなみにフクチマミさんの本はその後育児本も買いましたよ〜。

マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK

マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK